整体師資格の取り方

整体師を目指す時、難易度の低い民間資格と難易度の高い国家資格の選び方

難易度の低い民間資格と難易度の高い国家資格の選び方

整体師になるため、資格取得や証明書などが原則必要とされないので、無資格でも整体師になれます。
しかし、資格取得証明書は、

・整体師がどの程度のレベルなのか
・どれくらい信頼できる整体師なのか
・この整体師の施術で本当に体調不良が治せるのか

など、患者さんが整体師を見定める基準になります。
また幅広いフィールドで整体師として活躍するためにも資格取得は、有利になります。

安定した収入を得る整体師を目指すためにも、整体師の資格を取得する事をおすすめします。

整体師資格には「民間資格」「国家資格」の2つがあるけど、何が違うの?

整体師の資格に「国家資格」というものはありませんが、「あん摩マッサージ指圧師」、「柔道整復師」、「はり、きゅう師」の3つ関連国家資格があります。
では、

・民間資格と国家資格は整体師の仕事にどう関わるのか?
・どの資格を取得すべきなのか?

などの疑問にお答えします。

1、整体師の「国家資格」って?

「国の法律で定められる資格のことで、知識、技術が一定の水準以上であることを国が認めているもの」

人の健康や安全な暮らしを守る目的で設けられた「医師」や「看護師」「弁護士」や「教員免許」等の業務独占資格と、専門家を育てる目的で設けられた「中小企業診断士」「介護福祉士」「精神保健福祉士」「保育士」等の名称独占資格の2つがあります。

柔道整復師は、骨折や捻挫、脱臼など骨や関節などの外傷を専門に治療できる施術師のことで、厚生労働省業務独占資格の一つです。
そして、あん摩マッサージ指圧師(はり、きゅう師)も、業務独占資格で、マッサージを業とできるのは、医師とあん摩マッサージ指圧師のみとなります。

いずれも、国が定める専門機関、大学等で関連する学業を受けることで、受験資格を取得。
国家試験合格後、国家資格が取得できます。

就職先は、公的機関、独立開業など幅広いフィールドで活躍できますが、受験資格取得まで少なくとも3年以上の学業期間が必要で、費用面の負担も大きいのがデメリット。

2、整体師の「民間資格」って?

整体師の民間資格は、とても多く存在します。
いずれも、数ヶ月から2年ほどで取得可能で専門学校や大学に通学しなくても、誰でも受験できます。

また、通信講座で学ぶこともできることから、費用面負担の大幅軽減や仕事や家事、別の学業との両立も可能で、現在幅広い年齢の方々が整体師を目指しています。
短期間で、整体師の資格を取得したい、できる限り費用負担を抑えたい、という場合に最適です。

以上をまとめると

整体師関連の国家資格は、受験資格を取得するまでに、3年以上の期間を要し、費用の負担が大きい。

しかし、取得後は、公的機関で働けるなど、トップクラスの整体師を目指すことも可能。
一方、整体師の民間資格は、誰でも資格試験に受けることが可能で、費用面負担も大幅に軽減できる。

昨今は、国家資格同等の民間資格も数多く誕生しているので、最短でかつ安価で整体師のプロを目指したい方に人気を集めています。

整体師の民間資格、国家資格、どっちを目指した方がいいの?

民間資格、国家資格、どちらが良いという事はありません。
「国家資格」は、相当なスキルを保持する人だ、という世間一般の印象が根強いため、多くの患者さんに選ばれる事は間違いありません。

また、整体師として公的機関で働きたい、独立開業を目指しているという場合も、国家資格の方が圧倒的に有利になることも。

ただし、国家資格よりもはるかに知識や技術面で上回っている整体師を多く輩出している民間資格もあるので、一概に国家資格ばかりが良いとはいえないのです。

しかしながら、国家資格は、やはり根強い印象アップに繋がるので、民間資格取得後に目指してみる価値は多いにあるでしょう。

その場合、短期間で素早く取得でき、かつ、国家資格同等のレベルを養える民間資格を取得しておき、その後、整体師として働きながら国家資格を目指すという方法がお勧めです。

「整体師を目指す時、難易度の低い民間資格と難易度の高い国家資格の選び方は?」のまとめ

 

民間資格、国家資格それぞれにメリット、デメリットがあるため、一概にどちらが良いという事は言えません。

例えば、民間資格は

・短期間で取得できる
・学費の負担が少ない
・国家資格同等のスキルが養える

等のメリットがある一方、国家資格に比べるとやや世間一般の印象が劣るというデメリットもあります。
一方、国家資格は、国が認める優れたスキルをもっているという好印象が根強く、客からの信頼を集めやすいのがメリット。

しかし、

・資格取得まで時間がかかる
・学費の負担が大きい
・資格試験が難しく一発で合格できるとは限らない

等のデメリットがあります。
そのため、まずは難易度の低い「民間資格」を取得し、整体師として活躍しながら難易度の高い「国家資格」を目指すという方法が良いのではないでしょうか。

この機会に整体師の資格について、改めて検討してみてください。

将来安定の整体師資格・講座の資料請求から始まる第一歩!将来安定の整体師になるため 整体の仕事に就くための技術と資格を取る方法 「好きな事と仕事は別!」というのは聞いたことがあるけ...