整体師資格の取り方

整体師資格は通信講座のみでは危険な理由

整体師資格は通信講座のみでは危険な理由

整体師の資格取得方法の一つに、通信講座があります。
通信講座は、自分の好きな時間、都合の良い場所にて学習できることから、近年特に人気で、様々な資格取得の手段として多くの方が利用しています。

しかし、整体師の資格取得のように実技が必要とされる職種においては、実技面の習得が難しいというデメリットがあります。

ここでは、整体師資格の取得で通信講座のみでは危険な理由と、通信講座では難しい実技取得の方法などを紹介します。

整体師資格の取得を通信講座だけで済ますのは難しい!気になる3つのデメリット

多くのメリットがある通信講座ですが、整体師の資格取得においては、通信講座だけでは不安な要素もあります。
それは、以下の通りです。

1、整体の実技指導が十分に受けられない

通信講座の場合、WEBを活用した動画やDVDなど映像を用いた学習が一般的です。
そこでは、現役で活躍される整体師の方々による実技が配信されているため、ある程度の実技の習得は可能です。

しかし、整体師は手技のみで体の不調を取り除く“高度で繊細な施術”を提供するため、映像では、どうしても伝えられない細かなテクニックがあります。
また、整体師は、患者と対面しての技術提供のため、個々の体に対する感覚や感触は、実際に経験してみないと分からないのです。

通信講座では、実技面の指導が直接受けられないため、それが最大のデメリットとなります。

2、自由スタイルゆえの継続の難しさ

通信講座は、時間も場所も定められていないため、自分の都合で学習を自由に進める事ができます。
別の仕事や学習に時間を割いている方にとっては、通信講座の自由な学習スタイルは、魅力的です。

しかし、それゆえに学習に対する意欲が続かないというデメリットがあります。
しかも、自分の好きな場所で学習できるので、例えば、自室の場合、テレビやマンガ、ネットサーフィンという誘惑によって勉強がおろそかになることもあるでしょう。

3、講座のペースと能力が追いつけない事も

通信講座は、数ヶ月から半年と、学習期間が決められています。
そのため、個々の能力によっては、その期間が短すぎると感じることもあれば、長すぎると思う場合もあるのです。

特に学習意欲が高く、習得スピードが速い人の場合、ダラダラと半年も時間を割く事にイライラが募ることもあるでしょう。
通信講座に限った事ではありませんが、自分の能力とは見合わない学習ベースになることで、資格取得時期が遅くなることもあります。

整体師資格の取得に通信講座が良い場合!おすすめできる3つのメリット

整体師の資格取得において、通信講座がお勧めできる理由は以下の通りです。

1、通信講座の学費が安い

通信講座最大のメリットは、通学スタイルに比べ、圧倒的に学費が安く抑えられるという点です。
例えば、整体師の専門学校に通学する場合にかかる費用は、入学金、教材費用、講座料等々を含め、年間100万円前後かかるといわれています。

一方、通信講座の場合は、およそ30万前後で抑えることができるなど、費用面の負担を大きく軽減できる点が魅力です。 

2、自分都合で学習できる

通信講座は、勉強する場所や時間は、定められておらず、全て自分都合で学習スケジュールを整えることが出来ます。
そのため、自宅やカフェ、図書館や公園など、勉強する環境をその都度変えることが出来ます。

さらに、早朝や夜間、昼間のちょっとした空き時間など、勉強する時間も自分都合で調整できます。
WEBで配信する動画も繰り返し再生することが可能で、メールやチャットシステムでの相談や質問等は、24時間対応しています。

3、繰り返し勉強できる

通学スタイルの場合、決められた時間、決められた場所で、さらに決められた日時のみで講義を行ないます。
そのため、体調不良や私用で講義に出席できなかった場合、その日の授業は一切受けられないのがデメリットです。

一方、通信講座の場合、DVDやWEB動画配信などが24時間、何でも繰り返し見直せるので、講義を見逃すという心配はありません。
また理解度については、個々により異なるので、自分の学習ペースにあわせ、課題をクリアしていくことが出来ます。

通信講座を上手に活用しつつ、デメリットを補う方法

通信講座は、通学スタイルに比べ、費用面の負担を大きく軽減できます。
さらに、自分の都合に合わせて、整体師資格を確実に取得できるので、是非多くの方に活用して頂きたい学習方法です。

しかし、先に述べたとおり、通信講座のみでは、やはり不安は残ります。
そこで、以下の方法で、通信講座のデメリットを上手にカバーすることで、デメリットがメリットにも変わり整体師資格の取得に大きな助けとなります。

1、働きながら通信講座で学習する

映像が中心となる通信講座の場合、実技面での不安がありますが、整体院で働きながら実技面を習得するという方法があります。
これなら、通信講座のみでも、十分に整体師資格取得を目指す事ができます。

現場で働くことで、整体師の技術を直接目で見て学んだり、仕事ぶりを肌で感じられるため、通信講座のみよりも早く整体師として活躍できます。

2、実技指導を直接受けられる通信講座を探す

通信講座の中には、通学スタイルの要素も合わせた学習方法を提供しているところがあります。
その場合、実技面の指導に関してのみ通学スタイルに切り替え、直接指導が受けられるので実技面習得における不安が払拭できます。

ただし、通学スタイルとセットになった通信講座は、提供先が限られているので、資料請求などをご利用の上、事前にご確認ください。

3、メールやチャット機能を上手に活用する

通信講座の学習ペースについていけない、逆にペースが遅すぎるという場合は、メールやチャット機能をフルに活用しましょう。
通信講座で提供されるメールやチャット機能は、24時間対応し生徒が抱える悩みを即座に解決してくれます。

学習内容が理解できないという場合や、少しでも早く新しい次ぎの学習に取り組みたいという内容の相談にも親身になって対応してくれるので、メールやチャット機能などのフォローサービスが充実している通信講座を選ぶといいでしょう。

4、整体師になる!と公言する

通信講座は、自由ゆえ継続が難しいというデメリットがあります。
そこで是非お試しいただきたいのが、SNSなどを活用し「整体師になる」と公言することです。

目標をあえて公言することで、資格取得という夢を現実に近づけることが出来ます。
その他にも紙に書いて、部屋中に貼るというのもお勧めです。

以上の4つの方法なら、通信講座のみの学習におけるデメリットをカバーし、整体師資格という目標を十分に達成できることになります。

「整体師資格は通信講座のみでは危険な理由」のまとめ

通信講座は、今や多くの方に人気の学習方法ですが、過信し過ぎても危険な要素があります。
次ぎのようなデメリットがあることは覚えておきたいところです。

・実技指導が十分に受けられない
・自由スタイルゆえの継続の難しさ
・能力が追いつけない事も

しかし、通信講座にもメリットがあります。

・学費が安い
・自分都合で学習できる
・繰り返し勉強できる

通信講座のデメリットをカバーし、メリットとなる部分を上手に活用する方法

・働きながら通信講座で学習する
・実技指導を直接受けられる通信講座を探す
・メールやチャット機能を上手に活用する
・整体師になる!と公言する

の4つです。
以上の方法で、通信講座の良さを存分に活用し、整体師資格取得という目標を実現させてください。

将来安定の整体師資格・講座の資料請求から始まる第一歩!将来安定の整体師になるため 整体の仕事に就くための技術と資格を取る方法 「好きな事と仕事は別!」というのは聞いたことがあるけ...