整体師として働く

整体師として独立開業した場合どうなる?

整体師として独立開業した場合どうなる?

整体師を目指す方の中には、将来は自分の店を持ちたい、独立開業して店舗を全国に拡大したいという夢を持っている方もいるでしょう。

しかし、実際に整体師で独立開業するには
・どのような方法で独立開業するのか
・将来性はあるのか
・独立開業のメリットは何?

など不安に思う点も多いと思います。
整体師として将来独立開業した場合の情報をまとめました。

整体師で独立開業する場合の仕方と手順

整体師としての独立開業のイメージを持っていただくためにも簡単な独立開業の手順を紹介します。

1、方向性を決める

整体師といって技術提供の方法は色々とあります。
例えば、個人で店舗を構えて客を迎え入れるスタイルから、フランチャイズで開業する方法。

そして、店舗を持たず、出張整体としてお客様のもとに自らが足を運び技術を提供する方法などがあります。
また個人店舗といっても、整体院として位置から店を持つやり方もあれば、自宅兼整体院として開業することも出来ます。

フランチャイズの場合は、どのネームバリューを利用する方によって、集客率も異なってくるでしょう。
さらに、肩こりや腰痛などを中心とした整体院にしたいのか、それとも体のゆがみを整えたり、小顔矯正など「美」を中心とした精術を提供したいのか、はたまた、マタニティ整体など妊婦さんに対応した整体院にしたいのかなど、どのような顧客をターゲットにしたいのかも明確にしなければなりません。

それによって、構える店舗の雰囲気や提供する技術、知識やその他必要とされる能力も、立地条件も異なってきます。
自分が、《どんなスタイルで整体師として独立開業したいのかを明確にしましょう。》

2、開業に必要な手続きを知る

整体師として開業する場合に必要な書類や手続きがあります。
まずは、開業する地域の税務署に開業届けを提出しましょう。

施術の内容によっては、さらに関係書類の提出や手続きが必要となるので、あらかじめ関係機関にてご確認ください。
また開業する場所が、マンションやアパートなど賃貸の場合は、管理会社や家主さんへの許可申請が必要です。

3、開業にかかる費用を知ろう!

他業種に比べて比較的開業資金が少ないとされる整体師の独立開業ですが、

・店舗準備金
・設備費用
・広告費
・運転資金
などは、最低限必要です。

店舗準備金としては、自宅兼事務所の場合だとリフォームなどの工事費用のみとなりますが、新たに店舗を契約する場合は、保証金や敷金、礼金などの準備が必要です。
設備費用に関しては、施術台としてのベッド、椅子、受付カウンターや待合室、電話、レジなどとなります。

広告費用は、ホームページやSNSを活用することでかなり抑えることができますが、チラシを作成したり専門業者にWEB制作を依頼する場合は、高額になる事も。
運転費用としては、1年から2年ほどの家賃、水道光熱費用、その他保険や人件費などの維持管理が必要です。

参考までに、自宅兼整体院として開業する場合に必要とされるのが20万から50万前後。
アパートやマンションの場合は100万前後、店舗物件を新たに賃貸した場合は300万前後、フランチャイズの場合は諸々含め1000万になることもあります。

以上が、開業までの簡単な手順となります。
ただし上記はあくまでも開業までの手順であり、月に少なくとも30名以上のお客が入らなければ、経営する事はできません。

そのための経営ノウハウや努力も必要とされます。
《整体師に必要な資格取得可能なスクールや通信では、独立開業のサポートや経営のノウハウまで一貫して提供しているところもありますので、整体師として独立開業を目指している方は、これらのサポートをしているところを選ぶといいでしょう。》

整体師として独立開業した場合のメリット

整体師として独立開業した場合の最大のメリットは、「収入面のアップ」です。
独立開業の場所や地域、経営の状況等により独立開業後の収入には大きな差は生じますが、成功すれば年収1000万も夢ではありません。

中には、独立開業後に指導者としての地位を獲得し、講演会の実施やメディアへの露出も増えた事で年収がさらにはねあがり3000万円に到達した方もいます。
これはあくまでも成功した例ですが、アルバイトやパート、正社員として雇われるよりもはるかに高収入が期待できるのです。

その他、独立開業することで、自分のペースで働くことが出来ます。
つまり、1日の時間を自分の自由にスケジュール管理できるのも独立開業の魅力です。

また肩こりや腰痛などの症状に対応できる一般的な整体院ではなく、美容面やメンタル面にも対応できる整体院にしたい、今までにないタイプの整体院にしたいなど、《自分の思うままに整体院を一から作り上げられる》のも独立開業のメリットといえます。

ただし、独立開業で成功するためには、整体師としての優れた技術力や経験、豊富な知識に加え、経営能力なども求められるので、独立開業に必要な事を早めに把握しておきましょう。

「整体師として独立開業した場合どうなる?」のまとめ

誰もが一度は抱く、整体師としての独立開業について、色々と紹介しました。

まず手順として3つ。
・方向性を決める
・開業に必要な手続きを知る
・開業にかかる費用を知ろう

自宅兼整体院と、整体院として新たに店舗を構える場合とでは、手続きや開業資金が違います。
また、開業には税務署への申請や管理会社への手続きなどがあるので、事前確認が必要です。

その他、開業資金は、自宅兼整体院がもっとも安くフランチャイズの場合は、数千万以上になることもあります。
そして独立開業のメリットとして、収入面のアップ、時間が自由に使える、理想の整体院が作れるなど3つを紹介しました。

ただし、開業したからと言って必ずしも成功するというわけではありません。
成功を実現するためには、知識、技術面の習得、向上そして資格取得に加え、経営ノウハウも必要です。

上記を参考に、独立開業を視野にいれた早めの準備をしておきましょう。

将来安定の整体師資格・講座の資料請求から始まる第一歩!将来安定の整体師になるため 整体の仕事に就くための技術と資格を取る方法 「好きな事と仕事は別!」というのは聞いたことがあるけ...