整体師として働く

整体師はどんな職場で活躍する仕事?

整体師はどんな職場で活躍する仕事?

あらゆる手技を用いて、健康づくりのサポートや不調を取り除く施術を提供する整体師の仕事は、近年人気が急増しています。
その理由として、

・西洋医学とは異なる視点からのアプローチ
・リスクの高い薬の服用が避けられる
・トータル的な健康アドバイスが受けられる
・西洋医学で対処できない不調にも対応する

という点で整体を利用する方も年々増え、将来的な需要も高まっています。

このような事から、「整体師になりたい」という方が多く、整体師の知識や技術を学べる環境も以前に比べて多くなっています。
そこで今回は、さらに整体師についての理解を深めて頂くため、資格取得後

・どんなところで活躍できるのか
・整体師の就職先って?活躍の場所は?
・独立開業について

などについて詳しく説明します。

整体師ってどんなところで活躍できる?就職先は?

整体師は、無資格でも整体師として活躍できます。
しかし、国家資格や民間資格を取得することで、ワンランク上の知識や技術が習得できるため、活躍の場もさらに広がります。

ここでは、整体師の資格取得後に活躍できる場所、就職先などをいくつか紹介しますので、参考にしてください。
また、就職先により整体師に求められる知識や技術、資格に多少の違いがあります。

計画的かつスムーズな資格取得を進めるためにも、あなたが活躍したいステージでは整体師にどのような能力を要求しているのかを把握しておくようにしましょう。

1、整体院

整体院とは、肩こりや頭痛、腰痛、体の歪みや疲労など一般的な体調不良の改善から、交通事故後のむち打ち症や病院の検査で「異常がない」と診断された未病と呼ばれる症状、さらには小顔矯正やO脚強制などあらゆる症状や体調不良に対応する施設を言います。

対応できる症状が幅広い事から、若い人から高齢者、男女問わずあらゆる方々が利用されているのが特徴です。
また地域に密着していることからアットホームな環境であることも整体院の特徴といえます。

最近では、手技以外の器具を用いた新しい手法にて整体の技術をあらゆる角度から提供している施設も増えています、

2、カイロプラクティック院・サロン 

カイロプラクティックとは、主に脊椎に注目した整体のことで「体全体のゆがみの矯正」「痛みの軽減・緩和」「機能の改善」を行い、体本来の機能を取り戻す事を目的にしています。

例えば、ヘルニアの手術を受けたのに、術後に痛みが全く取れない、違和感があって不調が続いている、またヘルニアと診断され手術を勧められているけど、手術にはどうしても踏み切れず、別の方法で症状を改善したいといった方々が、カイロプラクティック院やサロンを利用する事があります。

その他、腰痛や頭痛、肩こりや股関節の歪み、膝の痛み、疲労回復、姿勢矯正、自律神経の調整、ストレス緩和などにも対応していることから、働き盛りの中高年から加齢による衰えを感じる高齢者、生活習慣病が気になる年代の方々の利用者が多いのが特徴です。

海外では、補完代替医療の医療職として公認されていることからも、今後日本でもこれらの施設で働く整体師の重要性がますます高まると予想されています。

3、リラクゼーション施設・サロン

現代は、ストレス社会と言われています。
特に、30代、40代以降は、仕事と家庭、人間関係という重圧がのしかかり、日々強いストレスにさらされています。

このような方々が求める先が、リラクゼーション施設やサロンです。
リラクゼーション施設やサロンの整体師は、ストレスを抱える方々の心身の緊張を解きほぐし、癒しを与えます。

その際、アロマ精油を活用したハンドマッサージやオイルマッサージ、トリートメントなども行なうこともあります。
アロマ精油を活用した施術法は、ストレスの緩和だけでなく、美肌、デトック、脂肪燃焼効果も高いことからOLさんや主婦など女性の利用者が多いのが特徴です。

そのため、一般的な整体院と違い、お店の雰囲気が柔らかく店内はアロマの香り漂う工夫が施されています。
柔らかな雰囲気の環境で、女性利用者を相手に施術を提供されたい方に最適な就職先です。

4、エステサロン・エステ院

整体の施術を受けることで、小顔効果や痩身効果、デトックによる美肌効果など“美”に直結する作用があることから、整体師の就職先は、エステサロンやエステインなどにも広がっています。

美に関心の高い女性の利用者が圧倒的に多いことから、肩こりや腰痛といった症状ではなく、スキンケア、ダイエット、美肌といった施術メニューが多くなります。
近年では、ネイルサロンやヘアサロンとの併設も多いので、美のステージで整体の技術を提供したいという方の就職先に最適です。

5、介護施設・福祉施設・老人ホーム

総人口に占める65歳以上の高齢者が増大した日本は、今まさに超高齢者社会です。
今後も高齢者率はますます高まり、日本全国には、ものすごい数の介護施設、福祉施設、老人ホームが建設されています。

膨大な数の高齢者施設には、加齢による機能低下という症状で苦しむお年寄りがたくさんいますが、その症状を少しでも和らげるお手伝いをしているのが整体師の存在です。
整体師の技術は高齢者の体に現れる痛みや不調を取り除くだけでなく、施術をしながらの会話で心のケアも同時に行なっていることから、整体師を求める医療施設は年々増えています。

6、ホテル、スパ、銭湯

ホテルやスパ、銭湯などでも整体師の求人が多くなっています。
特に、ホテルでは、宿泊客に対するサービスとして整体を取り入れているところも多くなっています。

人気整体師になると、整体を受けたいがためにわざわざホテルへの宿泊を希望される方もいるほどです。
また海外セレブは、スパつきホテルの整体を受ける事をステイタスとしているので、《海外という大きなステージにて整体の技術を提供したいという方にお勧め》の就職先です。

7、マタニティ整体院、産婦人科

お腹が前に突き出て、体重が一気に急増する妊婦さんの7割以上は、腰痛や肩こり、股関節痛といった症状に悩まされます。
しかし、辛い症状を「お薬で」というわけにもいかないのです。

そのような時に大活躍するのが整体師です。
整体師の最大の魅力は手技で症状の緩和を目指す事が出来る点です。

そのため、妊婦さんにとって、整体師は不可欠な存在で、マタニティ整体は大変人気です。
ただし、《妊婦整体は一般的な整体と違う部分もありますので、これらの施設への就職を希望される方は、通常の整体に加え、妊婦整体についても学ぶようにしてください。》

整体師の将来性って?独立開業の可能性は?

以上、7つの就職先や活躍の場所を紹介しましたが、それ以外にもスポーツ施設やリハビリ施設など実に様々な場所で整体師として働く事が出来ます。
特に、高齢者施設における求人は、今後もますます増大することが予想されます。

また整体師としての活躍の場所は、「就職」だけではありません。
技術や知識を高めた先には、独立開業という道も開けています。

レストランや喫茶店、ヘアサロンなどと違い、整体師の独立開業は比較的実現しやすいのが魅力です
その理由は

・手技がメインなので、特別な器具、道具の準備が必要ない
・わずかなスペースで開業できる
・スタッフを雇わなくてもスタートできる

という点です。
例えば、すぐにでも開業したいけど、資金調達が難しいという場合は、出張整体専門として独立開業も可能なのです。

その場合は、携帯やスマホで出張依頼を受け、後は指定された場所に出向き施術を行なうだけなので、特別な資金準備は必要ありません。
また、自宅の一角を整体院として使うこともできますし、顧客がつくまでは、予約制で技術を提供することで、一人でも十分開業できるでしょう。

このように、整体師の独立開業は、他業種に比べ比較的実現しやすいのが魅力です。
ただし、成功するには利用者の満足度を高める必要があるので、他のだれにも負けない整体師としての知識、技術をしっかり養うようにしてください。

そのためには、やはり資格取得は重要なので、

・どのような施設で働きたいのか
・就職先ではどんな整体師を求めているのか
・どんな技術や知識が必要なのか

を明確にし、計画的に整体師の資格取得に向けての準備を進めるようにしましょう。

「整体師はどんな職場で活躍する仕事?」のまとめ

整体師の就職先、働く場所や独立開業について

主な就職先は、
・整体院
・カイロプラクティック院・サロン
・リラクゼーション施設・サロン
・介護施設・福祉施設・老人ホーム
・ホテル、スパ、銭湯
・マタニティ整体院、産婦人科
などで、それぞれに特色が異なり、整体師に求められる内容も異なります。

独立開業については、他業種に比べ比較的実現しやすくその理由として
・特別な器具、道具準備金が必要ない
・わずかなスペースで開業できる
・一人でも開業できる
等があります。

どんな場所で働きたいか、そこではどんな整体師を求めているのかなどが分かれば、整体師になるための準備が早めに出来ます。
上記情報を参考に、整体師への道のりに1日でも早く、その一歩が踏み出せるようにしてください。

将来安定の整体師資格・講座の資料請求から始まる第一歩!将来安定の整体師になるため 整体の仕事に就くための技術と資格を取る方法 「好きな事と仕事は別!」というのは聞いたことがあるけ...